【介護で必要な便利カー】福祉車両について調べよう!

コレで楽に乗り降りできる!福祉車両のメリットを知る

ロゴ

【介護で必要な便利カー】福祉車両について調べよう!

車

介護に特化した車「福祉車両」とは?

介護問題で多いのが、介護者の車の乗り降りです。普段何気に乗っている車の高さも高齢者や介護者からすると高いし、危険です。その乗り降りをしっかり行ってくれるのが福祉車両です。介護のために作られた車なので、介護する側、受ける側にとってメリットしか無いのが魅力です。

福祉車両の特徴って?

特徴としては、上記でも説明した介護のための車なので、乗り降りがとても楽です。車椅子やストレッチャーのままでも、簡単に乗り降りすることが可能でしょう。なぜ乗り降りが簡単なのかというと、専用のスロープやリフトを使うことで地面と車の高さをカバーしてくれるためです。

駐車する時の注意点

普通の乗用車も駐車する時に注意する点は、いくつかあります。それはトランクが開け閉めできるか、乗り降りするスペースがあるかなどです。福祉車両も同じで、トランク側からスロープやリフトを使って乗降するため、トランクが開けるスペース&乗降しやすいスペースがあるのか注意する必要があります。

福祉車両の選び方ランキング

no.1

乗り降りしやすい

福祉車両を選ぶ点で最も多いのが「乗り降りのしやすさ」です。乗り降りがしにくい車だと、後々大変になります。でも、逆にしやすいとなると、気軽にドライブも行けるし、お迎えする時の労力も軽減します。

no.2

シートベルト固定がしっかりしている

車椅子やストレッチャーのまま乗るケースが多いので、シートベルトでしっかり固定することが可能なのかが重要です。シートベルト問題での多くが、車椅子やストレッチャーの仕様によって固定できない場合です。そのため、選ぶランクでも上位になります。

no.3

天井に余裕がある

車の天井が低いと、車走行中に頭を天井にぶつけてしまう心配があります。なので必ず天井の高さをチェックする必要があります。かと言って高すぎると屋内駐車場に入る時に車をぶつける可能性もあるため、慎重に選びましょう。

no.4

運転しやすい

バックミラーが見えやすい、普通に運転できるという運転手目線になります。運転時の体制はとても重要です。普段運転している体制にできない福祉車両はとても危険です。なので普段どおりの運転ができる福祉車両がベストです。

no.5

コスト面が安い

通常の車よりは、色々な機能がついているため、若干高めの金額です。でもケチに安い車を選んだ方が良いということではなく、コストパフォーマンスが高い車が良いということです。ランク1・2・3・4位全てマッチしてコストもOKなら文句なしの車と言えますよ。

車選びも駐車も常に、介護者目線に立とう!

福祉車両を購入するにも、駐車するにしても、いかに介護者が乗り降りしやすいかがポイントとなります。福祉車両を手に入れるということは、この2つを注意しておかないといけませんよ。